ABOUT

焙煎

万人受けするコーヒーや飲みやすいだけのコーヒー
華やかさを狙って不自然な香り付けをするコーヒーは
一切考えていません

吟味した生豆をゆっくり時間を掛けて焙煎することで
その特長を引き出したいと願っています

明らかに常識と逆行した非効率的な方法です

私が目指しているのは
流行に左右されない雑味のないコーヒー
口に含んだ瞬間に優しい香味が広がるものの

ことさらに強いアタックはあえて避けているので
好き嫌いがはっきりわかれるかもしれません

けれども、生産者が心血を注いで育てたコーヒー豆の個性を
引き出すにはどうしたらよいのかを考えた結果この焙煎法に行き着きました

これは、いってみれば生産者への私のささやかなオマージュ

そうご理解いただけたら焙煎人冥利に尽きます

飲んだ後に心地良い余韻が
舌に、体に、心に響き合うような
そんな味わい深さを求めたい・・・

焙煎人 小山 晃