コーヒー豆

コフィアディベルサ グアドループ ティピカ / コスタリカ産 【100g】Sold Out

A-CRI-002
A-CRI-002
A-CRI-002
A-CRI-002
A-CRI-002
A-CRI-002

ブルーマウンテンの祖先ということもあって全体のバランスが良い。
かすかにグレープフルーツを思わせるような爽やかな酸味と、アプリコットのような甘味との調和が特徴的。

官能評価(アロマ4、クリア3、アフター4)

「Guadeloupe Bonifieur(グアドループ ボニフィエー)」
グアドループ島の品種。ジャマイカ・ブルーマウンテンの祖先。1721年、ジャマイカにコーヒーが伝わる7年前、ガブリエル・ド・クリューによってグアドループ島に持ち込まれたティピカ種である。コーヒー栽培は標高が高いバステール島で行なわれている。18世紀末には本土フランスへ年間6000トンものコーヒーを出荷していた時期もあったが、病害虫とハリケーンによる被害、労働力不足、バナナ生産の拡大によって次第にコーヒー生産は減少し、1965年には統計上のデータから消え去ってしまった。

◆生産国: コスタリカ
◆地域: プンタレナス州ビオレイ
◆農園: コフィア・ディベルサ・ガーデン
◆生産者: ゴンザロ・ヘルナンデス
◆規格: SHB、EP
◆木の品種: グアドループ・ボニフィエー
◆標高: 1,250-1,300m
◆精製方法: ウォッシュド

COFFEA DIVERSA GUADELOUPE / COSTA RICA [100g]

在庫状態 : 売り切れ

販売価格  ¥2,000

豆の状態  

SOLD OUT

Region

Biolley, Buenos Aires, Puntarenas, Costa Rica

Plantation

Coffea diversa

Variety

Guadeloupe

Process

Washed

Altitude

1,250-1,300m

Producer

Gonzalo Hernandez

AROMA

★★★★☆

CLEAN CUP

★★★☆☆

AFTER TASTE

★★★★☆